真生ロジスティクス

真生ロジスティクスはお客様の発注業務に
ご利用いただくことで生産効率の最適化に
貢献いたします。

真生ロジスティクスはEDI(電子データ交換)の発注情報をもとにご要望の製品を必要な数だけご指定の場所へお届けします。発注管理、在庫管理の業務をはじめとした生産効率全体の最適化が図れます(EDI以外もご利用いただけます)。

真生ロジスティクスはお客様の発注業務にご利用いただくことで生産効率の最適化に貢献いたします。

真生ロジスティクスの設備とシステム、ノウハウが毎日の出荷を支えます。

立体倉庫

自動倉庫はパレット3,120(110cm×100cm×高さ75cm)、およびバケット4,304(50cm×33cm×深さ21cm)の棚を備えます。パレットは取扱説明書やパッケージなどの紙製品、バケットはラベルやレンズ部品などの小物類の収納に使用します。

物流管理システム

当社独自のシステムがEDIの発注情報をコントロールします。
製品種類、出荷先、納期、数量、セット品・単品などの情報を精査し、最適な出庫指示を自動倉庫に送ることで500回/日以上の正確な出庫が可能です。

入庫

生産情報に基づいたバーコード伝票の読み取りにより、製品の入庫を行います。部品番号、商品名称、生産数量の他にロット情報が含まれていますので、同一製品でも入庫が先のものから出庫を行います(先入れ先出し)。

出庫

物流管理システムで作成された情報を自動倉庫に入力することで出庫が自動で行われていきます。次工程を考慮した順番で製品が出庫され、セット・包装、梱包作業工程に製品が運ばれます。

流通加工

物流管理システムより発行されたご注文ごとのバーコード帳票で作業をコントロールしています。出荷に必要な納品伝票、ラベル類もバーコードの読み取りで発行し、誤出荷を防止しています。

出荷

梱包が終わった製品は納品先別に仕分けされ、出荷されます。チャーター便から宅配便まで様々なご要望に対応します。

真生ロジスティクスはお客様の発注業務にご利用いただくことで生産効率の最適化に貢献いたします。

発注業務や製品の管理業務を効率化しませんか?

EDIは発注情報が受注側のコンピュータに取り込まれるため、発注担当者様が在庫を確認し、注文書を作成・送付するという一連の業務から解放されます。受注側もそのデータを使って出庫指示や納品書、請求書などを作成することで、入力間違いなどの人的ミスが防ぐことができ、受発注に関わるコストが削減できます。
また、受発注の効率化はリードタイムの短縮にもつながります。在庫が少なくなるタイミングで発注することが可能になり、過剰な在庫を持つリスクが軽減できます。製品管理の効率化、スペースの有効利用にもつながります。

真生ロジスティクスのご利用をお勧めします。

真生ロジスティクスは設備、システムはもとより長年のセット作業や包装・梱包作業による実績でお客様の発注から生産効率の向上に貢献します。