沿革

  • 昭和29年

    6月21日、大阪市住之江区安立に『真生印刷株式会社』設立。

  • 昭和35年

    横浜出張所開設。

  • 昭和37年

    高輪に東京営業所(現東京支店)開設。

  • 昭和38年

    自動オフセット印刷機(1号機)導入。

  • 昭和40年

    2色刷自動オフセット印刷機導入、オフセット化推進。

  • 昭和42年

    菊全判4色オフセット印刷機導入。

  • 昭和47年

    製本部門を強化、中綴機、紙折機、 断裁機導入。

  • 昭和51年

    B縦半裁両面オフセット輪転機(1号機)導入。

  • 昭和56年

    堺第一工場(現本社)を新設。 A横判5+5色輪転印刷機導入。

  • 昭和59年

    日経優秀先端事業所賞受賞(業界初)。
    堺工場BEAB(英国家庭電気機器検査協会)認定審査に合格。

  • 昭和63年

    堺第二工場を新設。

  • 平成4年

    取扱説明書原稿作成部門『TTCセンター』(現テクニカルライティング課)設立。

  • 平成5年

    コンピュータ管理による全自動立体倉庫を擁する『真生ロジスティクス』を新設。

  • 平成7年

    中国(杭州)に現地法人設立。(広州、上海に駐在事務所開設。)

  • 平成11年

    『VODセンター』を開設し、可変情報印刷およびオンデマンド印刷事業開始。
    テクニカルコミュニケーター協会主催『日本マニュアルコンテスト』優良賞受賞
    (以降、最優秀賞・優秀賞など受賞多数)。

  • 平成12年

    環境マネジメントに関する国際規格ISO14001認証取得。

  • 平成13年

    CTPシステム1号機導入。プリプレスの完全デジタル化完成。

  • 平成14年

    タイに駐在事務所開設。

  • 平成16年

    品質管理・品質保証の国際規格ISO9001認証取得。

  • 平成18年

    個人情報保護に関するプライバシーマーク使用許諾を取得。

  • 平成20年

    FSC®(森林管理協議会)CoC認証を取得。

  • 平成22年

    菊全判8色反転装置・ハイブリッドUV乾燥装置付高速枚葉オフセット印刷機の世界1号機が稼動。

  • 平成26年

    2月1日、新たにタイヘイグループの一員として、「真生印刷株式会社」が堺を本社にリスタート。

  • 平成27年

    A横全判両面オフセット輪転機導入。